美的体験~資生堂リバイタル グラナスが使用感が想像以上にすごい~

毛じらみの原因と気になる症状・効果的な対処のポイント

性感染症の一つである毛じらみは、コンドームでは予防できないと言われています。気になる症状があっても、なかなか友達にも相談できず1人で悩んでいる人も多いかと思います。

毛じらみに感染する原因や毛じらみ特有の症状、さらに感染した場合の対処法についてご紹介します。

毛じらみって何?

毛じらみは、吸血性昆虫の毛じらみが身体に寄生することで発生する感染症です。主に毛じらみ保有者との性行為によって感染するので性感染症の一つとなっています。

1970年代の中頃から急激に増えた毛じらみも、それからいったんは減少していたのですが、また1990年代中頃から再び増加傾向にあります。

毛じらみの感染部位は?

毛じらみは主に陰毛に寄生するのが特徴です。感染部位は主に陰部や股の部分ですが、肛門の周囲や脇、胸毛や太ももなどに生えている短い毛に寄生することもあります。

稀なケースですが、あごひげや眉毛、まつ毛など寄生することもあります。オーラルセックスにより口周辺のひげに感染するケースがありますが、のどに感染することはありません。まつげに寄生すると目やにのように見えると言われています。

また男性ではほとんど見られませんが、女性や小さな子供では頭髪にまで毛じらみが寄生することもあります。毛じらみの感染部位は主に陰部ですが、基本的には毛の生えている部位であれば、どこにでも寄生する可能性があります。

毛じらみの感染経路は?

毛じらみは、陰毛同士が直に接触することで感染するケースがほとんどです。ですから性行為によって感染するケースがほとんどです。ただ必ずしも性行為だけではありません。陰毛以外の部位へ感染していた場合には、母親と子どもの間で感染することも十分に考えられます。

毛じらみは、寄生していた人間から離れると48時間以内には死にます。しかしそれ以内は生存しているので、性行為以外からの感染や間接的に感染する可能性も十分にあります。条件が良ければ2日程度は生存しているので、直に陰毛部が触れる下着や水着などの試着などで感染する可能性もあります。

畳みやカーペットの中に毛じらみが潜んでいる可能性もありますし、シーツや布団などの寝具やタオルを介しての間接的な感染もあります。ただ毛じらみは人間から離れると48時間ほどしか生存できず、1日に移動できる距離も10センチ程度です。やはり直接感染のリスクが一番高いです。

潜伏期間と症状について

毛じらみの潜伏期間は、接触があった日から15日くらいと言われています。感染してから症状を自覚するまでは、さらに1か月から2か月ほどかかる人がほとんどです。接触があってからかなり時間が経過してから、毛じらみ特有の症状が見られます。

毛じらみの症状と言えば強いかゆみです。毛じらみに感染したら我慢できないほどの強い痒みに襲われるため、眠れなくなる人もいるほどです。睡眠に支障をきたすほどの強い痒みに襲われる人も少なからずいるのですが、その一方で感染していながらもほとんど痒みを感じない人もいます。

痒みの発生や強さについては、毛じらみの唾液に対してのアレルギー反応が関係しているのではないかと言われています。毛じらみは強い痒みが主な症状で、湿疹や赤みなどの症状は出ません。痒み以外には症状がないのが特徴的です。

主に陰毛に毛じらみは寄生するので、外陰部や恥骨の周辺に痒みが出ることが多いです。太ももや肛門周辺にある体毛にも寄生しますから、そうなると広範囲に強い痒みを感じるケースも珍しくありません。

基本的に毛じらみとアタマジラミは種類が違う寄生虫ですが、毛じらみは稀に頭髪やまつ毛、眉毛にも寄生します。毛じらみが寄生した場所はどこも痒みの症状が現れます。

どうして痒くなるの?

稀に痒みを感じない人がいますが、一般的には毛じらみに感染した人は陰部を掻きむしるほどの強い痒みを訴えます。吸血性昆虫である毛じらみは、人の血を吸うときに唾液成分を注入します。

この唾液に対して免疫反応が起こるので、激しい痒みを感じてしまうと言われています。毛じらみの唾液に対して強い痒みを感じる人が大半ですが、これには個人差もあるのでほとんど痒みを感じない人もいるのです。

痒みの強さに関しては、どれだけの数の毛じらみに寄生されたかにもよります。毛じらみの数に比例して痒みの強さも増しますが、これも個人差があるので一概には言えません。

数匹の寄生でも激しい痒みを感じる人もいれば、たくさんの毛じらみに寄生されていても痒みを感じない人もいます。

毛じらみの効果的な対処法は?

毛じらみに感染したら感染部位の毛をきれいに剃ってしまうのが効果的です。これなら費用もかかりませんし、確実に毛じらみをなくすことが出来ます。

毛じらみは、陰毛や体毛などに寄生するとメスが卵を毛に植え付けます。この卵は毛にぴったりと固定されており石鹸で洗っても取れず、熱いお湯をかけても死ぬことはありません。

ですから、寄生された陰毛や体毛を剃るのが一番確実です。感染部位が陰毛だけであれば毛を剃るだけで完治します。

ただ頭髪など他の体毛にまで広い範囲で感染している場合には、これらの全ての毛を剃ることが出来ません。そのため、お薬での治療が必要になってきます。

市販の治療薬もある!

毛じらみの治療薬は、処方箋なしで一般の薬局で普通に購入することが出来ます。ただ市販薬は、しらみの卵に対しての効き目があまり強くないので、卵がふ化するサイクルに合わせて複数回、治療しなくてはいけません。毛じらみの卵がふ化する期間は1週間前後なので、それに合わせて3日から4日くらいの間隔で使用していきます。

これを3回から4回ほど繰り返し行って治療していきます。毛じらみに感染したらパートナーはもちろん、子供がいれば家族みんなで治療しなくてはいけません。

2日ほどは生存しているので、下着や寝具、タオルなどはこまめに洗いましょう。畳やカーペット、ソファなどに潜んでいる可能性もあるので、家族に毛じらみと診断された人がいれば害虫駆除薬も使用した方が良いでしょう。

また犬や猫などのペットを飼っている人はペットへの感染も心配ですから、すぐに動物病院に連れて行きましょう。

病院に行くなら何科?

陰部に強い痒みがあり明らかに毛じらみであろうと思われる場合には、陰毛などの感染部位を自分で剃ればそれで治療が出来ます。しかし毛じらみかどうか判断できない場合や、頭髪など他の部位の痒みがあるようなら専門医に相談してみましょう。

受診するのは皮膚科が良いでしょう。毛じらみの可能性が高ければ陰毛部にいる毛じらみを探していきます。血液を吸った毛じらみは褐色をしており血液を吸っていない毛じらみは肌色をしています。

もしも成虫を見つけることが出来なければ、毛じらみの卵を探します。毛じらみの卵は白いので簡単に見つけることが出来ます。

毛じらみの予防方法

毛じらみを予防するためには、毛じらみに感染している人との性行為を避けるしかありません。毛じらみはコンドームをしていても完全に予防できません。

白い色をした毛じらみの卵は比較的すぐに見つけることができるので、もしもそのようなもの陰部にが付着していれば毛じらみに感染している可能性が高いです。疑わしい場合にはパートナーとの接触を避け、家族へ感染してしまう可能性もあるのですぐに陰毛を剃り対処しましょう。

多くの場合、感染してから痒みの症状が出来るまでに1か月から2か月経過しています。ですから、症状が現れる1か月から2か月前に接触があったパートナーにも確認を取りましょう。相手も感染したかどうか確認し、気づいていないようなら治療するように促しましょう。

毛じらみは主に性行為で感染し、激しい痒みに襲わるのが大きな特徴です。タオルや寝具から子供や家族へ感染する可能性もあるので、感染を広げないよう徹底的に駆除していきましょう。

関連記事

  1. 赤ら顔は対処すれば治る?その症状の原因と対処について

  2. 目の下のくまは対処すれば消えるの?改善させるポイントとは

  3. さまざまな症状のある混合肌の特徴と正しい改善方法とは

  4. ゆらぎ肌で困っている人は多い?季節の変わり目に注意しよう

  5. 大人ニキビへの正しい対処とは?症状の特徴と治療について

  6. 白斑とは何?気になる皮膚病の原因と症状・治療法について

おすすめ記事

  1. リバイタルグラナスの化粧水・美容液が人気な理由とは?
  2. リバイタルグラナスの精密ケアについての良い点は?
  3. リバイタルグラナスの透光ケアについての良い点は?
  4. リバイタルグラナスの化粧水ローションで知っておく事
  5. リバイタルグラナスにはどんな成分が入っているのか?

記事を書いている人


美容大好き女子のアラサー女子が、今人気のコスメを自腹を切ってレビュー!

趣味は海外旅行とコスメ選びです。
皆様のお役に立てるといいな--

リバイタルグラナスを詳しく!

  1. 年齢を重ねるごとに肌の悩みが増えていきますが、肌のたるみもその一つです。シミやそばかすなどとは違い、…
  2. 若い頃には透き通るような透明肌が自慢だった人でも、年齢とともに肌のくすみを実感するようになります。肌…
  3. 口元にかゆみや湿疹、水ぶくれなどの症状が現れたら口唇ヘルペスに感染しているかも知れません。口唇ヘルペ…
  4. 常在菌であるカンジタ菌によって発症するのがカンジタで、性器や口腔内、皮膚などに感染します。中でも多い…
  5. 性感染症の一つである毛じらみは、コンドームでは予防できないと言われています。気になる症状があっても、…
  6. 週に1回か2回くらいした排便がないという女性も多いのではないでしょうか。便秘で悩まされている女性が多…

ピックアップ記事

  1. 乾燥肌や敏感肌、オイリー肌で悩まされている人も多いですが、異なる肌質が同時に起こる混合肌で悩まされて…
  2. あらゆる肌トラブルの原因となるのが乾燥肌です。空気が乾燥する秋や冬になれば肌も乾燥しやすくな…
  3. 鼻の両側から口元に向かって伸びているほうれい線は、顔の印象を一気に老け込ませてしまう困ったしわです。…
  4. 美容雑誌などのメディアでもよく目や耳にするようになったのがゆらぎ肌という言葉です。乾燥肌や敏…
  5. 鼻に出来る毛穴の黒ずみは、ポツポツと目立つものでメイクをしてもなかなか隠しきれないものです。しっかり…
ページ上部へ戻る