美的体験~資生堂リバイタル グラナスが使用感が想像以上にすごい~

リバイタルグラナスの化粧水ローションで知っておく事

リバイタルグラナスには美容液や乳液だけではなく、ローションも販売されています。

それぞれ2種類が展開されていて、それぞれの肌状況や目指す肌によって複数のケアが用意されているのです。

2種類の違いについて

各商品には精密ケアと透光ケアの2種類が展開されています。

精密ケアは潤いに重きを置いたふっくらと弾むようなハリのある肌を目指すタイプで、透光ケアは透明感と弾力のある肌を目指します。

精密ケアのローションは肌全体に水分をたっぷりと送り込んで、つるつるとした肌を目指します。肌の表面にプロテクトベールを作りだし、乾燥に悩む女性の肌をしっとりと守ります。特に乾燥が気になる人は精密ケアのローションがいいでしょう。

逆に加齢によって、きめが緩みがちな人は透光ケアのローションがおすすめです。

リバイタルグラナス独自のホワイトドロップが肌を保湿してくれて、すみずみの肌まで守ってくれます。ローションの触り心地としては、精密ケアはしっとりとした肌感触が続くのに対して、透光ケアは潤いを保ちながらもべたつかない性質を持っています。

ローションをなじませる時はゆっくりと丁寧に

ローションで肌の手入れを行う際、時間がないとやや乱暴に肌に塗りたくる人がいますがこれは間違いです。

いくら柔らかいコットンにローションを沁み込ませても、乱暴にすれば摩擦で肌を痛めます。たっぷりとコットンに沁み込ませたら、優しく撫でるように顔の隅々まで撫でるように馴染ませましょう。

せっかく良い製品を使っても、手入れの方法を間違えてしまうと肌状況を悪化させてしまうので、きちんと適切な方法で手入れをしましょう。

根気強く研究を続けたからこその安心がある

リバイタルグラナスは長い年月を経て誕生した製品です。

今でこそ当たり前のように販売されていますが、製品が安静するまでに綿密な工程を繰り返し、多くの苦難を乗り越えて誕生したのです。

ローションだけに限りませんが、スキンケア商品は成分配合を1%でも間違うと品質が変わってしまいます。

どれだけの振動に耐えられるか、直射日光に当たった時はどうなるか、様々なケースを考えて長期スパンで品質テストを行った製品なのです。購入後に起こり得る状況を想定した環境下でテストが行われているので、ほとんどの問題をクリアしています。

製品についても最低3年は保証が出来るように各分のエキスパートが苦難の山のようなテストを行っていました。だからこそ、高い確率で安全を保証出来る製品が完成したのでしょう。

リバイタルグラナスに2種類のラインがあるのは、季節やバイオリズムによって女性の肌は変化しやすいのです。

ある意味では変わりやすい山の天気と同じと称する人もいます。そういった女性の繊細な肌に対応出来るように2種類のラインが作られました。

関連記事

  1. 小鼻ケアにリバイタルグラナスを使ってみよう!

  2. サイトマップ

  3. ほうれい線とリバイタルグラナスはお勧めか?

  4. リバイタルグラナスにはどんな成分が入っているのか?

  5. リバイタルグラナスの評判はどうなの?気になる口コミを集めてみた

  6. どうやってリバイタルグラナスを購入した方が良い?

おすすめ記事

  1. リバイタルグラナスの化粧水・美容液が人気な理由とは?
  2. リバイタルグラナスの精密ケアについての良い点は?
  3. リバイタルグラナスの透光ケアについての良い点は?
  4. リバイタルグラナスの化粧水ローションで知っておく事
  5. リバイタルグラナスにはどんな成分が入っているのか?

記事を書いている人


美容大好き女子のアラサー女子が、今人気のコスメを自腹を切ってレビュー!

趣味は海外旅行とコスメ選びです。
皆様のお役に立てるといいな--

リバイタルグラナスを詳しく!

  1. 年齢を重ねるごとに肌の悩みが増えていきますが、肌のたるみもその一つです。シミやそばかすなどとは違い、…
  2. 若い頃には透き通るような透明肌が自慢だった人でも、年齢とともに肌のくすみを実感するようになります。肌…
  3. 口元にかゆみや湿疹、水ぶくれなどの症状が現れたら口唇ヘルペスに感染しているかも知れません。口唇ヘルペ…
  4. 常在菌であるカンジタ菌によって発症するのがカンジタで、性器や口腔内、皮膚などに感染します。中でも多い…
  5. 性感染症の一つである毛じらみは、コンドームでは予防できないと言われています。気になる症状があっても、…
  6. 週に1回か2回くらいした排便がないという女性も多いのではないでしょうか。便秘で悩まされている女性が多…

ピックアップ記事

  1. いつまでも美しい肌を保ちたいなら紫外線対策は欠かせません。誰でも年齢を重ねるごとにシミやしわ…
  2. 常在菌であるカンジタ菌によって発症するのがカンジタで、性器や口腔内、皮膚などに感染します。中でも多い…
  3. 妊娠中には急激に女性ホルモンのバランスが変化するので、身体や心、そして肌にもさまざまな変化が見られま…
  4. 週に1回か2回くらいした排便がないという女性も多いのではないでしょうか。便秘で悩まされている女性が多…
  5. 肌がべたつく脂性肌は、乾燥肌や混合肌、普通肌の人よりも肌トラブルで悩むことが多いようです。脂…
ページ上部へ戻る