美的体験~資生堂リバイタル グラナスが使用感が想像以上にすごい~

肌のたるみはすぐ始めるのが良い?たるむ原因と改善方法

年齢を重ねるごとに肌の悩みが増えていきますが、肌のたるみもその一つです。シミやそばかすなどとは違い、お化粧をしても隠しきれないのが肌のたるみです。

どうして年齢とともに肌がたるんでいくのか、また、たるみに効く改善方法についてご紹介します。

年齢とともには肌のハリが低下して肌のたるみに!

年齢とともに肌のたるみが見られるようになるのは、肌のハリが低下することと関係しています。

肌にハリや弾力があれば、肌のたるみは起こりません。同時にしわやほうれい線、毛穴の開きなど年齢肌特有の肌トラブルも起こりません。つまり、さまざまな肌老化の要因となっているのが、肌のハリが低下してしまうことなのです。

肌の老化に大きく関係する肌のハリは、表皮の下にある真皮層に存在しているコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸によって支えられています。コラーゲンは肌の弾力の元になり、エラスチンがそれを支えています。

さらに真皮層には、ゼリー状の水分を蓄えるヒアルロン酸も存在しています。これらの物質によって肌のハリや潤いが保たれています。しかしコラーゲンもエラスチンもヒアルロン酸も、残念ながら年齢とともに減少していきます。ですから誰でも自然と肌からハリやみずみずしさが失われ、たるむようになります。

肌のハリが低下するのは紫外線ダメージも!

肌のたるみを起こすハリの低下は、毎日の暮らしの中で受けるさまざまなダメージも影響しています。

肌のハリにダメージをもたらしているのは紫外線です。コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸は、繊維芽細胞と言われる細胞で作られているのですが、紫外線はこの細胞にダメージを与えます。

紫外線の中でも紫外線A派と言われる波長の長い紫外線は、肌の真皮層まで届き少しずつダメージを与えていきます。紫外線は晴天の日だけでなく、曇りの日でも日差しの弱い秋や春でも降り注いでいます。

少しずつでも紫外線を浴び続けることで大きなダメージとなっていきます。長年の紫外線ダメージの積み重ねが肌のハリ低下を招き、たるみにつながります。

肌のハリ低下は肌の乾燥や栄養不足も原因に!

肌のハリは肌内部の水分量も関係しています。水分を溜め込む働きがあるのがヒアルロン酸です。しかし紫外線や加齢などの影響でヒアルロン酸が不足すれば、肌内部の水分をたっぷりと溜め込むことが出来なくなります。肌の水分が不足し乾燥が進めば肌のハリも低下して肌がたるみやすくなります。

コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作り出す繊維芽細胞は、私たちが食べる食べ物から作られています。肌の弾力やハリを作るための材料が偏った食生活によって不足していきます。ダイエットや偏った食生活が肌のたるみを招きます。

表情筋の衰えも肌のたるみの原因に!

顔の筋肉である表情筋が衰えることも、肌のたるみの原因です。皮膚の奥には脂肪があり、さらにその奥には筋肉や骨があります。皮膚や脂肪を支えているのが筋肉ですが、その筋肉が衰えればそれらを支えきれなくなり肌のたるみにつながります。

表情筋は加齢によっても衰えていきますが使わないことも衰えを招く原因です。顔の筋肉も他の筋肉と同様に使われないと自然と衰えていきます。会話したり瞬きをしたりするときに表情筋が使われていますが、日常生活で使われているのが全体の3割程度です。意識して顔を動かさないと表情筋はどんどん衰えていきます。

悪い姿勢も肌のたるみを招く!

姿勢の悪さも肌のたるみを招く原因となります。長時間のデスクワークやスマホの操作で、知らず知らずのうちに猫背になっている人が多いのではないでしょうか。

猫背であごを突き出した姿勢に自然となっているかと思いますが、この姿勢だと首の後ろにある筋肉が縮み、顔全体が下に引っぱられるようになります。この姿勢がたるみにつながります。

足を組むクセがある人やデスクワークで自然と前かがみになっている人、下を向いてスマホを見ている人は猫背の可能性が高いです。

紫外線対策は1年中行うのが理想!

肌のたるみを改善するために大切なのは、まずは紫外線対策です。表皮層にあるコラーゲンなどの繊維芽細胞にダメージを与えて肌のたるみを引き起こす紫外線は、夏だけでなく1年中降り注いでいます。

真皮層にまで届く紫外線A派は、晴れの日はもちろん曇りの日でも雨の日でも降り注ぎ、さらには窓ガラスからも入り込んでいます。UVクリームもつけず日傘や帽子もなしで外出すれば、紫外線をたっぷりと浴びコラーゲンが破壊されてきます。

UVクリームやUV機能付きの化粧下地などは毎日使用すれば、紫外線によるダメージも抑えることが出来ます。日差しの強い日にはさらに日傘や帽子も併用して、紫外線を徹底的にカットしていきましょう。

年齢とともに減少するうるおいをスキンケアで補給!

肌は年齢とともに、また紫外線なども影響して乾燥しやすい状態となっています。年齢とともに肌のうるおいに必要なヒアルロン酸や水分が失われれば、肌のたるみだけでなく小じわも深刻になっていきます。

年齢とともに減少していくうるおいは毎日のスキンケアで補給しましょう。保湿効果の高い成分が含まれた化粧水や美容液などで毎日丁寧にお手入れすると同時に、肌内部のうるおいを奪い去ってしまう過剰な洗顔を避けることも大切です。

肌のたるみにおすすめのスキンケア化粧品

肌のたるみ対策におすすめなのは高保湿のスキンケア化粧品です。保湿成分としておすすめなのはセラミドやビタミンC誘導体です。セラミドは肌内部にも存在している細胞間脂質です。肌の角質層にはセラミドや天然保湿因子、皮脂という3つのうるおいを守る成分があります。

肌の保湿能力となっているこの3つの成分の中の8割を占めているのがセラミドです。セラミドが含まれた美容液や乳液を選べばより効果的に肌のうるおいを保つことが出来て、たるみを防ぐことが出来ます。

ビタミンC誘導体には、コラーゲンをサポートする働きがあるのでこちらもおすすめです。

正しい姿勢を心がけて!

デスクワークやスマホの操作などで姿勢の悪さを実感している人は、正しい姿勢を心がけることも大切です。猫背気味の人や下を向いてスマホを操作することが多い人は、肌がたるみやすくほうれい線も目立ちやすくなるので要注意です。姿勢が正しくなる専用の椅子を利用したり、姿勢をまっすぐ伸ばすように心がけましょう。

表情筋を鍛えるエクササイズも有効!

表情筋は意識してエクササイズなどをしないと鍛えることが出来ません。表情筋は年齢とともに衰えていくばかりで、たるみも悪化してしまいます。

表情筋を手軽に鍛えられるお箸を使ったエクササイズがあります。お箸を加えて唇を横に引き、そのまましばらくキープするだけです。笑うと表情筋もしっかり動くので普段から笑うように心がけるのも良いですね。

美容クリニックでの肌のたるみの治療法

肌のたるみを即効で改善したい人には美容クリニックで治療してもらうのもおすすめです。美容クリニックでは肌のたるみにアプローチするさまざまな施術があります。

顔全体に特殊な光を照射して、繊維芽細胞を活性化させてハリや弾力を蘇らせるフォトフェイシャルや、ヒアルロン酸を注入するヒアルロン酸注入などがあります。他に真皮層に遠赤外線を照射して肌を引き締めるタイタンや、プラセンタエキスを直に注入して真皮細胞を活性化させるプラセンタ注射などもあります。

肌のたるみは加齢や紫外線、表情筋の衰えなどさまざまなことが影響して起こっています。長い年月をかけて肌のたるみにつながりますから、若い頃から紫外線対策や保湿ケアなどを地道に行っておきましょう。

関連記事

  1. 妊娠中の肌トラブルは対処が難しい?その原因と安全な改善方法

  2. ほうれい線はどうしたら薄くなるの?改善のポイントとは

  3. 毛嚢炎とは何?毛穴から発生する肌トラブルへの対処

  4. 便秘はなぜ発生するの?女性の大敵の特徴と改善方法.

  5. 粉瘤の原因は?ニキビに似た症状の原因と治療について

  6. ベタつく脂性肌の適切なお手入れ方法と注意したい事

おすすめ記事

  1. リバイタルグラナスの化粧水・美容液が人気な理由とは?
  2. リバイタルグラナスの精密ケアについての良い点は?
  3. リバイタルグラナスの透光ケアについての良い点は?
  4. リバイタルグラナスの化粧水ローションで知っておく事
  5. リバイタルグラナスにはどんな成分が入っているのか?

記事を書いている人


美容大好き女子のアラサー女子が、今人気のコスメを自腹を切ってレビュー!

趣味は海外旅行とコスメ選びです。
皆様のお役に立てるといいな--

リバイタルグラナスを詳しく!

  1. 年齢を重ねるごとに肌の悩みが増えていきますが、肌のたるみもその一つです。シミやそばかすなどとは違い、…
  2. 若い頃には透き通るような透明肌が自慢だった人でも、年齢とともに肌のくすみを実感するようになります。肌…
  3. 口元にかゆみや湿疹、水ぶくれなどの症状が現れたら口唇ヘルペスに感染しているかも知れません。口唇ヘルペ…
  4. 常在菌であるカンジタ菌によって発症するのがカンジタで、性器や口腔内、皮膚などに感染します。中でも多い…
  5. 性感染症の一つである毛じらみは、コンドームでは予防できないと言われています。気になる症状があっても、…
  6. 週に1回か2回くらいした排便がないという女性も多いのではないでしょうか。便秘で悩まされている女性が多…

ピックアップ記事

  1. 年齢や性別問わず、ある日突然皮膚の一部分が白くまだらになるのが白斑(はくはん)です。白斑と呼ばれるこ…
  2. 赤ら顔の悩みは本人にしか分からない、とても深刻なものです。どのように対処すればよいのか分からず、体質…
  3. その可愛らしい名前とは裏腹に、とても不潔な印象をもたらしてしまうのがいちご鼻です。毎日丁寧に洗顔して…
  4. あらゆる肌トラブルの原因となるのが乾燥肌です。空気が乾燥する秋や冬になれば肌も乾燥しやすくな…
  5. 肌がべたつく脂性肌は、乾燥肌や混合肌、普通肌の人よりも肌トラブルで悩むことが多いようです。脂…
ページ上部へ戻る