美的体験~資生堂リバイタル グラナスが使用感が想像以上にすごい~

リバイタルグラナスのファンデーション関係はどうなの?

リバイタルグラナスはスキンケア製品だけではなく、ファンデーションも展開しています。

全6色展開をしていて、純度が高く明るい肌に整えてくれます。水あり、水なしのどちらでも使えるタイプです。

リバイタルグラナスのファンデーションは使い方によっては、肌トラブルが起こっている人でも光を利用して綺麗な肌に見せることが出来ます。

ファンデーションの種類は?

リバイタルグラナスのファンデーションは春夏用と秋冬用の2種類があります。

秋冬用はふんわりと包み込むような質感があり、上質な素肌を出してくれるタイプです。

春夏用は暑さのことも考えられ、くすみのない光沢感を出して、さらっとした仕上げにしてくれます。

しかし、肌の状況によってはいくら春夏用、秋冬用と区別されていても合わない場合があるので気をつけてください。春夏用だから、と言って購入するのではなく、自分の肌の状況に合わせてどちらのファンデーションを使うか決めましょう。

春夏用と秋冬用の違いは何?

秋冬用のファンデーションは、肌のきめ細かさを極めるファンデーションです。肌トラブルなどで、毛穴の凸凹が気になる人もいるでしょう。

秋冬用のファンデーションは光を散乱させる効果があり、毛穴の凸凹をカバーしてくれます。そうすることで肌のなめらかさが強調されて、どの角度から見ても均一な肌に見えるようになります。

春夏用のファンデーションは素肌の透明感アップを目指し、さらっとした感触のパウダーの感触は心地よささえ覚えるでしょう。軽やかなイメージがありますが、そのフィット力は強く、テカリや化粧崩れの原因となる皮脂をしっかりとキャッチします。

そうすることで毛穴落ちを防いで、ファンデーションを付けたてのような美しさを持続させるのです。

リバイタルグラナスのファンデーションを使う時のおすすめ方法

そのままファンデーション単体で使うことも問題ありませんが、リバイタルグラナスはダブル使いを提案しています。

リキッドファンデーションとパウダリーファンデーションを重ねることで、素肌以上の肌を作り、崩れにくく落ちにくいという完成度の高さを見せてくれます。

何よりリバイタルグラナスのファンデーションは光の仕組みを活用しています。光の当たり具合などでトラブルのある肌を見えにくくするという方法です。

2つのファンデーションを重ねることは、極薄の膜を合わせていることと同じになり、2つの効果が合わさって透明感も増します。

この使い方をリバイタルグラナスはダブル使いと名付けて、購入者たちに提案しているのです。

リバイタルグラナスのファンデーションは、自然な仕上がりを意識しています。

先述したダブル使いについても、一般的にはファンデーションを重ねると重さとくどさが出てくると感じるのは当然です。

しかし、リバイタルグラナスは肌に溶け込むように馴染むことから、重さやくどさを感じさせず、一体化構造で素肌のような仕上がりにしてくれます。

関連記事

  1. リバイタルグラナスの化粧水・美容液が人気な理由とは?

  2. ほうれい線とリバイタルグラナスはお勧めか?

  3. リバイタルグラナスの化粧水ローションで知っておく事

  4. サイトマップ

  5. リバイタルグラナスをあまり使わない方が良い人はいるのか?

  6. お試しセットはリバイタルグラナスには存在するのか?

おすすめ記事

  1. リバイタルグラナスの化粧水・美容液が人気な理由とは?
  2. リバイタルグラナスの精密ケアについての良い点は?
  3. リバイタルグラナスの透光ケアについての良い点は?
  4. リバイタルグラナスの化粧水ローションで知っておく事
  5. リバイタルグラナスにはどんな成分が入っているのか?

記事を書いている人


美容大好き女子のアラサー女子が、今人気のコスメを自腹を切ってレビュー!

趣味は海外旅行とコスメ選びです。
皆様のお役に立てるといいな--

リバイタルグラナスを詳しく!

  1. 年齢を重ねるごとに肌の悩みが増えていきますが、肌のたるみもその一つです。シミやそばかすなどとは違い、…
  2. 若い頃には透き通るような透明肌が自慢だった人でも、年齢とともに肌のくすみを実感するようになります。肌…
  3. 口元にかゆみや湿疹、水ぶくれなどの症状が現れたら口唇ヘルペスに感染しているかも知れません。口唇ヘルペ…
  4. 常在菌であるカンジタ菌によって発症するのがカンジタで、性器や口腔内、皮膚などに感染します。中でも多い…
  5. 性感染症の一つである毛じらみは、コンドームでは予防できないと言われています。気になる症状があっても、…
  6. 週に1回か2回くらいした排便がないという女性も多いのではないでしょうか。便秘で悩まされている女性が多…

ピックアップ記事

  1. 肌がべたつく脂性肌は、乾燥肌や混合肌、普通肌の人よりも肌トラブルで悩むことが多いようです。脂…
  2. ニキビや吹き出物によく似た肌トラブルに毛嚢炎(もうのうえん)という皮膚の病気があります。ニキ…
  3. 鏡を見るたびに、どんどん増えるシミやそばかすにため息をついている人も多いのではないでしょうか。…
  4. 思春期の頃に悩まされる人が多いニキビですが、大人になってからもまた少し違うタイプのニキビに悩まされま…
  5. 鼻の両側から口元に向かって伸びているほうれい線は、顔の印象を一気に老け込ませてしまう困ったしわです。…
ページ上部へ戻る