美的体験~資生堂リバイタル グラナスが使用感が想像以上にすごい~

毛穴の黒ずみを徹底的に綺麗にするための知識をご紹介

鼻に出来る毛穴の黒ずみは、ポツポツと目立つものでメイクをしてもなかなか隠しきれないものです。しっかり洗顔しているつもりなのに、どうして毛穴が黒ずんでしまうのか悩んでいる人も多いでしょう。

どうして毛穴が黒ずんでしまうのか、また徹底的に毛穴を綺麗にするためのスキンケア方法についてご紹介しましょう。

そもそも毛穴の役割とは?

毛穴の黒ずみやニキビなど毛穴による肌トラブルで悩まされている人にとって、毛穴に対して良いイメージを持っていないかも知れません。しかし毛穴には、空気中のホコリや有害物質などの外部からの刺激から肌を守ってくれる働きがあります。

毛穴からは皮脂が分泌されていて、汗腺からは汗が分泌されています。この皮脂と汗が混ざることで皮脂膜が形成されています。皮脂膜は外部刺激から肌を守ると同時に、肌内部の水分が逃げないようにとバリア機能としての働きがあります。

また毛穴には、毛穴を縮めて血管を収縮させ体温が下がらないようにする体温調整の働きもあります。

毛穴つまりが毛穴の黒ずみに!

毛穴の黒ずみの原因はいくつか考えられますが、まず挙げられるのが毛穴がつまることです。

バリア機能としての大切な働きがある毛穴ですが、この毛穴に汚れや皮脂、古い角質などがつまるとそれが混ざりあい角栓という物質を作ります。この角栓が酸化すると毛穴の黒ずみとなります。

洗顔不足によって毛穴に汚れがつまるのはもちろん、反対に洗顔し過ぎることも毛穴の黒ずみを招きます。毛穴の黒ずみが気になるからとか、顔のテカリが気になるからと過剰な洗顔をすることが逆効果になっています。

過剰な洗顔を続けることやテカリを取るためのあぶら取り紙の多用は皮脂の過剰分泌を招くことになり、これが黒ずみの原因となります。

メラニン色素が毛穴の黒ずみに!

紫外線を浴びたり摩擦を受けると肌内部から生成されるのがメラニン色素ですが、この影響で毛穴が黒ずんでしまうこともあります。

メラニン色素はシミやそばかすの原因にもなりますが毛穴の黒ずみの原因にもなります。紫外線を浴び続けると肌への負担となりメラニン色素を大量に生成し、毛穴の黒ずみを招くことになります。

若い頃には念入りに紫外線対策をしなくてもシミなどはあまり心配いりませんが、毛穴の黒ずみは発生しやすいので要注意です。

産毛が黒ずみの原因になることも!

あまり目で確認することはできませんが、凝視してみると肌にはたくさんの産毛が生えているのが分かると思います。この産毛の色素は人によって差があり、これが濃い人は毛穴が黒く目立ちやすくなります。

紫外線対策やスキンケアは正しく行っているのに、毛穴の黒ずみがなかなか改善されない場合は、この産毛が原因かも知れません。自分で顔の産毛のお手入れすることも出来ますが、肌に傷をつけたり炎症を起こす危険もあります。どうしても気になるようなら、エステサロンなどを利用してプロに任せた方が安心でしょう。

ターンオーバーの乱れも毛穴の黒ずみの原因に!

肌というのは一定の周期で古い角質がはがれ落ちると同時に新しい表皮へと生まれ変わっています。ターンオーバーと言われるこの周期は加齢やストレスなどにより乱れしまいます。すると毛穴にいつまでも古い角質や皮脂が溜まったままの状態が長く続くことになります。

そうすると毛穴つまりを起こしやすくなり、古い角質や皮脂が酸化して黒く変色します。

毛穴の黒ずみを改善するための洗顔方法

毛穴の黒ずみを改善するためには、毛穴汚れは綺麗に落としながらも皮脂を過剰に落とし過ぎない、正しい洗顔を行うことが何よりも大切です。

まず洗顔の前には蒸しタオルをするのがおすすめです。水で絞ったタオルを電子レンジで温めた蒸しタオルを顔に当てておけば、毛穴が開くので毛穴の奥の汚れもスッキリと落としやすくなります。

手に力を入れたゴシゴシ洗いは避けて、お湯の温度にも注意しましょう。ゴシゴシと強くこすって洗うのは、デリケートな肌を傷つけることになると同時に角質層にあるセラミドなどの肌の保湿成分までも洗い流してしまいます。熱すぎるお湯ですすぐのも、必要な保湿成分を奪い去る原因となります。洗顔をするときには30℃から35℃くらいのぬるめのお湯にしましょう。

毛穴汚れはすっきり落としながらも角質層にある保湿成分は出来るだけ残すよう、肌への負担をかけない洗顔を心がけましょう。

毛穴の黒ずみを綺麗にするにはクレンジングも丁寧に!

毛穴の黒ずみを綺麗にするためにはクレンジングも丁寧に行いましょう。洗浄力の高いクレンジング剤を使うと必要な皮脂まで奪い去ってしまうので問題ですが、そうかといってメイク汚れが残ったままの状態も毛穴の黒ずみを招きます。メイク汚れが肌に蓄積されるとターンオーバーを乱す原因にもなります。

肌への負担が少ないミルクやジェルタイプのクレンジングを使って素早く丁寧にメイク汚れを落としましょう。毛穴の黒ずみがあるとメイクも濃くなりがちですが、クレンジングの負担を減らして毛穴を綺麗にするためにはメイクは薄めにするのがおすすめです。

ピーリング成分入りの石鹸や酵素洗顔も定期的に!

毛穴の黒ずみは古い角質や皮脂汚れが混ざって出来る角栓で出来ていますが、この角栓のほとんどはたんぱく質で出来ています。ですから洗顔やクレンジングだけでは、このたんぱく質の汚れまで落とすことが出来ません。

角栓をすっきり落とすためには定期的にピーリング成分が含まれた石鹸や、酵素洗顔でお手入れするのがおすすめです。ピーリング成分はたんぱく質を分解する働きがある成分で、スムーズに毛穴につまった角栓や汚れを落とすことが出来ます。

酵素にも同様にたんぱく質を分解する力があります。ただピーリング石鹸や酵素洗顔は、肌へのダメージも少なからずあるので毎日行うものではありません。肌の弱い人などは、たびたび行っていると肌が炎症することもあります。肌の状態を見ながら週に1回か2回程度のスペシャルケアとして利用しましょう。

お手入れ後には十分な保湿ケアも!

毎日のクレンジングや洗顔、そして週に1,2回のスペシャルケアの後には、十分に保湿ケアを行うことも大切です。お手入れ後の肌は、汚れと一緒に肌の保湿成分も流れ出ているので乾燥しやすい状態になっています。

ですからお手入れ後には出来るだけ素早く、化粧水でたっぷりと水分や保湿成分を補給しましょう。保湿効果の高いセラミドやヒアルロン酸や、紫外線ダメージに有効なビタミンC誘導体などが含まれた化粧水や美容液を使うのがおすすめです。

毛穴汚れをすっきり落として十分に保湿ケアを丁寧に行うことで、毛穴の黒ずみが出来にくい潤いのある健康な肌になります。

紫外線対策も忘れずに!

紫外線によるメラニン生成も毛穴の黒ずみの原因となっているので、外出時などは紫外線対策も忘れずに行いましょう。特に春や夏は紫外線の量も多く、晴天の日だけでなく曇りの日でもかなりの紫外線が降り注いでいます。日焼け止めや日傘、帽子などで紫外線から肌を守ってあげましょう。

家の中にいても窓から紫外線は降り注いでいるので、遮光カーテンやUVシールなどで紫外線をシャットアウトすれば安心です。

毛穴の黒ずみは、過剰な洗顔や摩擦、紫外線や産毛など、さまざまなことが原因となっています。正しい洗顔や定期的なピーリングで毛穴汚れをオフして、しっかりと保湿する丁寧なスキンケアが綺麗な肌への近道です。

関連記事

  1. さまざまな症状のある混合肌の特徴と正しい改善方法とは

  2. 敏感肌の人が覚えておきたい原因と気になる症状について

  3. シミそばかすはなぜ増えるの?正しいケアをすれば改善可能

  4. 口唇ヘルペスに要注意?他人に伝染させないため早い治療を

  5. ベタつく脂性肌の適切なお手入れ方法と注意したい事

  6. 紫外線対策の秘訣は何?どの時期も油断できない肌の大敵

おすすめ記事

  1. リバイタルグラナスの化粧水・美容液が人気な理由とは?
  2. リバイタルグラナスの精密ケアについての良い点は?
  3. リバイタルグラナスの透光ケアについての良い点は?
  4. リバイタルグラナスの化粧水ローションで知っておく事
  5. リバイタルグラナスにはどんな成分が入っているのか?

記事を書いている人


美容大好き女子のアラサー女子が、今人気のコスメを自腹を切ってレビュー!

趣味は海外旅行とコスメ選びです。
皆様のお役に立てるといいな--

リバイタルグラナスを詳しく!

  1. 年齢を重ねるごとに肌の悩みが増えていきますが、肌のたるみもその一つです。シミやそばかすなどとは違い、…
  2. 若い頃には透き通るような透明肌が自慢だった人でも、年齢とともに肌のくすみを実感するようになります。肌…
  3. 口元にかゆみや湿疹、水ぶくれなどの症状が現れたら口唇ヘルペスに感染しているかも知れません。口唇ヘルペ…
  4. 常在菌であるカンジタ菌によって発症するのがカンジタで、性器や口腔内、皮膚などに感染します。中でも多い…
  5. 性感染症の一つである毛じらみは、コンドームでは予防できないと言われています。気になる症状があっても、…
  6. 週に1回か2回くらいした排便がないという女性も多いのではないでしょうか。便秘で悩まされている女性が多…

ピックアップ記事

  1. ニキビや吹き出物によく似た肌トラブルに毛嚢炎(もうのうえん)という皮膚の病気があります。ニキ…
  2. 性感染症の一つである毛じらみは、コンドームでは予防できないと言われています。気になる症状があっても、…
  3. 鏡を見るたびに、どんどん増えるシミやそばかすにため息をついている人も多いのではないでしょうか。…
  4. 市販の化粧品を使うと皮膚がピリピリしたり赤くなったりと、敏感肌に悩まされる人が増えているようです。…
  5. いつまでも美しい肌を保ちたいなら紫外線対策は欠かせません。誰でも年齢を重ねるごとにシミやしわ…
ページ上部へ戻る