美的体験~資生堂リバイタル グラナスが使用感が想像以上にすごい~

紫外線対策の秘訣は何?どの時期も油断できない肌の大敵

いつまでも美しい肌を保ちたいなら紫外線対策は欠かせません。

誰でも年齢を重ねるごとにシミやしわ、たるみなどの肌悩みが増えていきます。しかし若い頃から紫外線対策をしっかりと行っていたかそうでないかで肌の状態は大きな違いが出てきます。

紫外線対策の前に紫外線の種類を知っておこう!

紫外線が肌に及ぼすダメージは思っている以上に大きなものですから、美肌を保つためには紫外線対策が欠かせません。
しかしその前に、紫外線にはいくつかの種類があるので知っておきましょう。

そもそも紫外線とは太陽光に含まれている電磁波の一種で、波長の領域や性質によって3つの種類に分けられています。
最も多く地表に届いているのが紫外線A派で、波長が最も長いので長波長紫外線とも言われます。身体への影響は短期的にはそれほど強くないものの、長く浴び続けると影響が出てきます。

エネルギーが強く人体への影響が最も強いのが紫外線B派で、中波長紫外線とも言われます。一部は大気層で吸収されますが、一部は地表にまでと届き水ぶくれなどの強い日焼けの原因となります。

紫外線にはもう一つ、紫外線C派があります。これは全て大気層で吸収されるので地表に届くことはありません。

紫外線による肌への影響は・・

紫外線A派は、紫外線B派のような強い日焼けを起こすことはありませんが、波長が長いので肌の奥にある真皮層まで届きます。

真皮層には肌の弾力の元になっているコラーゲンやエラスチンがありますが、ここに到達してダメージを及ぼします。

長年紫外線A派を浴び続けることによるダメージでコラーゲンなどが破壊され、肌の弾力が低下してしわやたるみなどを引き起こします。

紫外線B派も肌老化の原因になると同時に、エネルギーが強いので肌にも目にも有害です。皮膚がんや目の病気の原因にもなります。

紫外線による影響は、炎症を起こしたりヒリヒリしたりといった日焼けなどの急性のダメージと、しわやたるみなどの肌老化を招く慢性的なダメージがあります。

時間帯や季節によって紫外線の量はかなり違う!

紫外線が地表に降り注ぐ量は、時間帯や季節によってもかなり違ってきます。

紫外線が最も多く降り注いでいる時間帯は午前10時から午後2時の間です。この時間帯に1日の半分以上の紫外線が降り注いでいるので、洗濯や掃除などの家事をしている間も紫外線対策は欠かせません。

また、天候が悪い日でも紫外線は降り注いでいます。晴れの日の正午を100%としたら、曇りの日でも50%雨の日でも20%の紫外線が降り注いでいます。

紫外線B派は、季節によっての変動も激しいです。5月くらいから徐々に多くなり、6月から8月にかけてはマックスとなります。夏が最も紫外線B派の量が多くて春や秋にはその半分くらいになり、冬になれば5分の1くらいに減ります。

紫外線A派は違います。紫外線A派が一番多く降り注ぐのは5月で最も少ないのが12月です。しかし12月でも、紫外線A派は5月の半分くらいの量は降り注いでいます。

冬だから曇りや雨の日だからと油断できないのが、紫外線です。

洋服や帽子で紫外線対策するときのポイント

上手に紫外線対策をするなら、洋服や帽子、日傘選びにも注意が必要です。

紫外線が多く降り注ぐ春や夏は気温も高いですから、いかに涼しく上手に紫外線をカットするかがポイントです。紫外線を最もカットしてくれる色は黒です。生地も目の詰まった衣類が紫外線を通りにくいです。このような衣類は春や夏にはとても着ていられません。

しかし最近ではUV加工された洋服や帽子がたくさん出ています。涼しげな色の薄手の生地の洋服でも、UV加工が施された洋服や帽子なら、未加工よりも紫外線カット率が高いです。

夏には日傘をさす女性も多いですが、淡い色のレースの日傘では涼しくはなりますが紫外線カット効果はあまり期待できません。

日傘も1級遮光の布地を使ったものがおすすめで、これだとたとえ白でも紫外線をバッチリ防いでくれます。

帽子による紫外線対策の効果は?

紫外線対策に帽子を選ぶ時にはデザインにも注意しましょう。つばの短いキャップでは、頭部に強い日差しが当たるのを防ぐことは出来ても肌への紫外線カットはほとんど期待できません。

つばが3センチくらいのキャップでは紫外線をたくさん浴びることになりますが、つばが7センチ10センチと長くなれば紫外線カット率も60%から70%へとアップします。

紫外線対策で帽子を選ぶなら、やはりつば広のハットがおすすめです。つばの長さが10センチほどもあるハットになれば、紫外線をほとんどカットできます。

UVクリームでの紫外線対策のポイント

紫外線対策にはUVクリームも欠かせません。日傘や帽子で紫外線対策をしても万全ではありません。ただしUVクリームも正しく塗らないとせっかくの効果も得られなくなります。UVクリームは皮脂や汗などで流れ落ちますし、時間の経過で効果も弱くなっていくのでこまめに塗り直すことが大切です。

屋外にいる場合には、面倒でも2時間から3時間ごとに塗り治すようにしましょう。スプレー式や日焼け止めパウダーなど便利なアイテムがあるのでおすすめです。

またファンデーションや下地などメイク道具が多くて、UVクリームをどのタイミングで塗れば良いのか迷う人もいるでしょう。
UVクリームを塗るタイミングは基本的にはスキンケアの後、メイク下地の前になります。

UVクリームのSPFとPAって何?

UVクリームを選ぶ際には、SPFとPAの数値もチェックしましょう。UVクリームの容器には必ずSPFとPAの数値が記載されていますが、このSPFは紫外線カット効果を数値化したものです。SPFの数値は日本では50が最大ですが、30もあれば90%以上の紫外線がカットできます。

夏に海や山に行くならSPF50が安心ですが、家事やお買い物の際の紫外線対策ならSPF20くらいのもので十分です。数値が高いことよりも3、4時間ごとに塗り直すことが大切です。

PAは紫外線A派の防御指標で、+++や++などと表示されています。

美白化粧品で紫外線対策も!

美白有効成分が配合された美白化粧品で毎日お手入れすれば、紫外線によるダメージも防ぐことが出来ます。

美白有効成分には、ビタミンC誘導体やアルブチン、プラセンタエキスやトラネキサム酸などがあります。これらは全て国が認めた美白有効成分なので、美白化粧品を選ぶ時にはこれらが含まれたものがおすすめです。

同時に保湿成分も含まれたものがおすすめです。肌の乾燥はターンオーバーを乱しシミなども出来やすくなります。

セラミドやヒアルロン酸などの高保湿成分とビタミンC誘導体などの美白有効成分が含まれた化粧水や美容液なら、紫外線対策のスキンケアもばっちりです。

紫外線対策におすすめの食品

紫外線対策には外からのケアも大切ですが、身体の内側からのケアも大切です。

紫外線対策に特におすすめなのがビタミンAとビタミンC、ビタミンEです。どれも抗酸化作用の高いビタミンで、肌老化を防いだりシミやそばかすを抑制したり、紫外線から肌を守ってくれる働きがあります。

これらすべてのビタミンを含み、ビタミンEの数百倍もの抗酸化作用を持つリコピンを含むトマトはかなりおすすめです。

他にもビタミンCが豊富な柑橘系の果物やいちご、ビタミンAやビタミンEが豊富な緑黄色野菜などもおすすめです。これらの食品を意識してたくさん摂ることで、身体の中から紫外線による肌ダメージを防ぐことが出来ます。

紫外線は、私たちが思っている以上に肌ダメージとなるもので肌老化を促進してしまいます。毎日少しの心がけで紫外線から肌を守ることが出来るので、出来れば1年中紫外線対策を心がけましょう。

関連記事

  1. 大人ニキビへの正しい対処とは?症状の特徴と治療について

  2. 乾燥肌になるのはなぜ?環境とお肌ケアに注意しよう

  3. カンジタはしっかり対処すれば治る?症状の原因と対処

  4. ベタつく脂性肌の適切なお手入れ方法と注意したい事

  5. 毛嚢炎とは何?毛穴から発生する肌トラブルへの対処

  6. さまざまな症状のある混合肌の特徴と正しい改善方法とは

おすすめ記事

  1. リバイタルグラナスの化粧水・美容液が人気な理由とは?
  2. リバイタルグラナスの精密ケアについての良い点は?
  3. リバイタルグラナスの透光ケアについての良い点は?
  4. リバイタルグラナスの化粧水ローションで知っておく事
  5. リバイタルグラナスにはどんな成分が入っているのか?

記事を書いている人


美容大好き女子のアラサー女子が、今人気のコスメを自腹を切ってレビュー!

趣味は海外旅行とコスメ選びです。
皆様のお役に立てるといいな--

リバイタルグラナスを詳しく!

  1. 年齢を重ねるごとに肌の悩みが増えていきますが、肌のたるみもその一つです。シミやそばかすなどとは違い、…
  2. 若い頃には透き通るような透明肌が自慢だった人でも、年齢とともに肌のくすみを実感するようになります。肌…
  3. 口元にかゆみや湿疹、水ぶくれなどの症状が現れたら口唇ヘルペスに感染しているかも知れません。口唇ヘルペ…
  4. 常在菌であるカンジタ菌によって発症するのがカンジタで、性器や口腔内、皮膚などに感染します。中でも多い…
  5. 性感染症の一つである毛じらみは、コンドームでは予防できないと言われています。気になる症状があっても、…
  6. 週に1回か2回くらいした排便がないという女性も多いのではないでしょうか。便秘で悩まされている女性が多…

ピックアップ記事

  1. 口元にかゆみや湿疹、水ぶくれなどの症状が現れたら口唇ヘルペスに感染しているかも知れません。口唇ヘルペ…
  2. 市販の化粧品を使うと皮膚がピリピリしたり赤くなったりと、敏感肌に悩まされる人が増えているようです。…
  3. 赤ら顔の悩みは本人にしか分からない、とても深刻なものです。どのように対処すればよいのか分からず、体質…
  4. 乾燥肌や敏感肌、オイリー肌で悩まされている人も多いですが、異なる肌質が同時に起こる混合肌で悩まされて…
  5. 週に1回か2回くらいした排便がないという女性も多いのではないでしょうか。便秘で悩まされている女性が多…
ページ上部へ戻る