美的体験~資生堂リバイタル グラナスが使用感が想像以上にすごい~

いちご鼻はしっかり対処すれば改善できる?原因と治す方法

その可愛らしい名前とは裏腹に、とても不潔な印象をもたらしてしまうのがいちご鼻です。毎日丁寧に洗顔しているつもりなのに、いちご鼻が出来てしまったと悩んでいる人も多いでしょう。

メイクでも隠しきれない厄介ないちご鼻は治すことが出来るのでしょうか。

いちご鼻って何?

いちご鼻とはその名の通り、鼻がまるでいちごみたいにブツブツになってしまうことです。鼻の頭や小鼻の毛穴に黒いブツブツとした凹凸ができしまうのですが、これがいちごの種のように見えますし鼻はいちごの形にそっくりです。

名前だけは可愛いものの、実物のいちご鼻はとても汚らしいもので可愛いなんて言っていられません。

この毛穴に詰まった黒いブツブツは酸化して黒く変色した角栓です。皮脂や汚れ、古い角質が蓄積されたものが角栓です。角栓を構成しているのは皮脂とたんぱく質で、皮脂が30%で残りの70%がたんぱく質です。

皮脂分泌が他のパーツよりも多い鼻はどうしても毛穴に皮脂や汚れが溜まりやすく角栓も詰まりがちです。顔のど真ん中にあるために、いちご鼻になるとどうしても目立ってしまい大きな悩みとなります。

過剰な皮脂分泌がいちご鼻の原因に!

皮脂分泌が多い鼻ですが、みんながみんないちご鼻なるわけではありません。

いちご鼻の原因となっているは通常よりも多くの皮脂が分泌されていることが挙げられます。いちご鼻になるとどうしても皮脂を敵視してしまいます。

しかし皮脂にも乾燥するのを防いだり、ホコリなどの刺激から肌を守る大切な働きがあります。一定の皮脂分泌は必要ですが、過剰に分泌されてしまうのが問題です。
過剰な皮脂分泌を招くのは過剰なお手入れです。

皮脂が原因とばかりに洗浄力の高い洗顔料で強い力でゴシゴシと洗っていると必要な皮脂まで取り除かれしまいます。そうなると皮膚を守るために、さらに皮脂を余分に分泌しようと働きます。つまり反対に過剰な皮脂分泌を招きいちご鼻を悪化させてしまいます。

ターンオーバーの乱れにも注意!

肌が生まれ変わるサイクルであるターンオーバーが乱れることもいちご鼻の原因となります。

健康な肌は、ターンオーバーによって古くなった角質は新しい角質に押し上げられるようにして排出されていきます。

しかしストレスやホルモンバランスの乱れなどでターンオーバーが乱れると古い角質がはがれ落ちなくなります。はがれ落ちずに毛穴に残った角質は、皮脂と混ざり角栓として毛穴に詰まってしまいます。

加齢もいちご鼻の原因に!?

年齢を重ねると肌でも肌の弾力が低下していきます。肌内部にあるコラーゲンやエラスチンなどの肌の弾力の元になっている成分が年齢とともに減少していくからです。

弾力が低下した肌は、重力に逆らうことが出来なくなりたるみやすくなると同時に、毛穴の形も広がり変形していきます。

また加齢に伴い肌は乾燥しやすくなりますが、保湿ケアが十分でないと常に皮脂を分泌させて乾燥を和らげようとします。このような状態が長く続くと毛穴が広がりやすくなり、広がった毛穴に皮脂や汚れがたくさん詰まってしまいます。

このようにして加齢により毛穴は変形し広がりやすくなるので、いちご鼻にも要注意です。

毛穴パックがいちご鼻を悪化させる!

手軽に毛穴に詰まった角栓が除去できると人気の毛穴パックですが、これが反対にいちご鼻を悪化させているケースも多いです。毛穴パックで無理やり角栓を取り除いていると、その強い刺激から毛穴が広がります。そこにさら皮脂や汚れたつまりやすくなりいちご鼻を悪化させてしまいます。

また毛穴パックによっていちご鼻が悪化しているのに気づかず何度も繰り返し毛穴パックをしていると、その刺激から守るために毛穴周りの角質が分厚くなってきます。そうなるとさらに角栓ができやすくなります。まさに悪循環に陥ってしまいます。

クレンジングは必須!

いちご鼻を治すためには、まずは日々溜まっていくメイクや毛穴汚れ、皮脂を丁寧に取り除くことが大切です。

毎日メイクをしている女性は、クレンジングも必須です。メイクをしたまま寝てしまうなんてもってのほかです。クレンジングを怠ったり丁寧に出来ていないと肌にメイクが残り、毛穴に皮脂や汚れと一緒に溜まってしまいます。メイク汚れが蓄積されれば、肌のターンオーバーも乱れしまいます。

ただ洗浄力の高いクレンジングは肌への刺激も強く、これがさらに過剰な皮脂分泌を招くことになります。ジェルやミルクタイプの肌への負担が少ないクレンジング剤がおすすめです。

洗顔をする時の注意点

角栓を取り除こうと力を入れてゴシゴシ洗いをしても取れないどころか逆効果です。洗顔料は事前に泡立ててからやさしく洗うのが基本です。洗顔料をすすぐ際のお湯の温度にも注意が必要です。熱いお湯だと必要な皮脂まで奪ってしまうので、ぬるま湯で洗顔料が残らないようにしっかりとすすぎましょう。

また、洗顔の前には蒸しタオルをするのがおすすめです。顔全体に蒸しタオルを当てておけば毛穴が広がるので角栓も取りやすくなります。蒸しタオルは、水で絞ったタオルをレンジで適度に温めるだけで出来るので簡単です。夜の洗顔前にひと手間加えるだけで角栓も一機に落としやすくなります。

ピーリングや酵素洗顔も適度に!

皮脂とたんぱく質で出来た角栓はどんなにゴシゴシ洗いをしても除去できず、通常の洗顔料だけではなかなかしっかり取り除くのは難しいです。ですから、たんぱく質を分解できる酵素洗顔やピーリングを1週間に2回くらいの頻度で行うのがおすすめです。

ピーリングとはリンゴ酸やクエン酸などのピーリング成分の力によって古い角質を取り除く美容ケアで、いちご鼻だけでなくニキビやシミ、くすみ対策にも効果的です。洗顔石けんや洗顔フォームにピーリング成分が含まれたタイプや、化粧水や美容液のように肌に塗ってから洗い流すタイプもあります。

ピーリング成分の中には刺激の強いものもあるので毎日するのは避けて、肌の様子を見ながら週に2回から3回くらいのペースで行うようにしましょう。

お手入れ後には入念な保湿ケアも忘れずに!

毎日の洗顔やクレンジング、さらにピーリングや酵素洗顔などで毛穴をきれいにお掃除したら、保湿ケアも入念に行いましょう。毛穴のお手入れ後の保湿ケアも、いちご鼻対策ではとても重要です。

毛穴をきれいにしたものの、その後に保湿ケアが十分に出来ていなければ毛穴がたるんだままになり、余計に毛穴に汚れや皮脂が溜まりやすくなります。化粧水や乳液、クリームでの保湿ケアも丁寧に行っていきましょう。

いちご鼻がデコボコしてしまっていたら・・

いちご鼻対策では、毎日の洗顔やクレンジングを丁寧に行って翌日に皮脂や汚れを残さないことが大切です。また洗顔やクレンジングだけではどうしてもたんぱく汚れが落とせないので定期的なピーリングや酵素洗顔も行ってお手入れしていきましょう。

ただ、毛穴が黒ずむだけでなく本格的にデコボコした状態になっていたらホームケアだけでは難しいです。いちご鼻のデコボコを改善して滑らかな肌を目指すには美容クリニックやエステサロンなども利用するのがおすすめです。

皮脂分泌が多い鼻は、ブツブツとしたいちご鼻になりやすいので要注意です。毛穴汚れを翌日まで持ち超さないことや過剰な刺激を与えないことが大切で、お手入れ後の洗顔も丁寧に行って下さいね。

関連記事

  1. 毛じらみの原因と気になる症状・効果的な対処のポイント

  2. 妊娠中の肌トラブルは対処が難しい?その原因と安全な改善方法

  3. 口唇ヘルペスに要注意?他人に伝染させないため早い治療を

  4. ほうれい線はどうしたら薄くなるの?改善のポイントとは

  5. 肌のたるみはすぐ始めるのが良い?たるむ原因と改善方法

  6. 便秘はなぜ発生するの?女性の大敵の特徴と改善方法.

おすすめ記事

  1. リバイタルグラナスの化粧水・美容液が人気な理由とは?
  2. リバイタルグラナスの精密ケアについての良い点は?
  3. リバイタルグラナスの透光ケアについての良い点は?
  4. リバイタルグラナスの化粧水ローションで知っておく事
  5. リバイタルグラナスにはどんな成分が入っているのか?

記事を書いている人


美容大好き女子のアラサー女子が、今人気のコスメを自腹を切ってレビュー!

趣味は海外旅行とコスメ選びです。
皆様のお役に立てるといいな--

リバイタルグラナスを詳しく!

  1. 年齢を重ねるごとに肌の悩みが増えていきますが、肌のたるみもその一つです。シミやそばかすなどとは違い、…
  2. 若い頃には透き通るような透明肌が自慢だった人でも、年齢とともに肌のくすみを実感するようになります。肌…
  3. 口元にかゆみや湿疹、水ぶくれなどの症状が現れたら口唇ヘルペスに感染しているかも知れません。口唇ヘルペ…
  4. 常在菌であるカンジタ菌によって発症するのがカンジタで、性器や口腔内、皮膚などに感染します。中でも多い…
  5. 性感染症の一つである毛じらみは、コンドームでは予防できないと言われています。気になる症状があっても、…
  6. 週に1回か2回くらいした排便がないという女性も多いのではないでしょうか。便秘で悩まされている女性が多…

ピックアップ記事

  1. いつまでも美しい肌を保ちたいなら紫外線対策は欠かせません。誰でも年齢を重ねるごとにシミやしわ…
  2. 年齢や性別問わず、ある日突然皮膚の一部分が白くまだらになるのが白斑(はくはん)です。白斑と呼ばれるこ…
  3. 肌がべたつく脂性肌は、乾燥肌や混合肌、普通肌の人よりも肌トラブルで悩むことが多いようです。脂…
  4. 老けて見られたり疲れた印象を与える目の下のくまは、特に女性にとって大きな悩みとなります。メイ…
  5. 美容雑誌などのメディアでもよく目や耳にするようになったのがゆらぎ肌という言葉です。乾燥肌や敏…
ページ上部へ戻る