美的体験~資生堂リバイタル グラナスが使用感が想像以上にすごい~

ゆらぎ肌で困っている人は多い?季節の変わり目に注意しよう

美容雑誌などのメディアでもよく目や耳にするようになったのがゆらぎ肌という言葉です。

乾燥肌や敏感肌、オイリー肌とも違うゆらぎ肌とは、どのような肌のことを指すのでしょう。ゆらぎ肌の症状や原因、解決策についてご紹介しますので参考にして下さい

ゆらぎ肌とは?

ゆらぎ肌とはその名の通り、状態が一定でない不安定な肌のことです。

寒い冬から暖かな春にかけて、暑い夏から涼しい秋にかけての季節の変わり目には、1日の気温差も激しいですから体調を崩しやすいです。それと同時に肌の状態も不安定になります。特に冬から春にかけての時期は、環境の変化も著しい時期ですから、これも精神的なストレスとなり肌に影響してきます。

ゆらぎ肌は、急激な気温差による身体へのストレスと多くの環境変化による精神的なストレスによって一時的に肌が敏感になることです。春や秋などの季節の変わり目に、これまでなかった肌トラブルに急に見舞われることがあればそれはゆらぎ肌かも知れません。

ゆらぎ肌の症状は?

ゆらぎ肌の症状で多いのは肌の乾燥です。

急激な温度変化などにより肌のバリア機能が低下してしまうので、肌の乾燥がひどくなります。急激な気温差に加えて精神的なストレスも影響してニキビがひどくなる人も多いです。気温変化や強いストレスによって自律神経やホルモンバランスが乱れます。

そうすると肌のターンオーバーも乱れるので毛穴に皮脂が詰まりやすくなりニキビが出来やすくなり、治りにくくなります。ホルモンバランスが乱れる生理前にもゆらぎ肌によるニキビで悩まされる人も多いです。

赤みやかゆみもゆらぎ肌特有の症状です。肌のバリア機能や身体の免疫力が弱まっている時に、花粉や紫外線などの強い外部刺激にさらされることによって赤みやかゆみといった症状を引き起こします。

ゆらぎ肌と敏感肌の違いは?

乾燥肌が悪化したりニキビや赤み、かゆみなどの症状が出てくるなど不安定な状態になるのがゆらぎ肌です。ゆらぎ肌になるとこれまで使っていたスキンケア化粧品でさえ刺激となります。これまで感じなかったヒリヒリやピリピリとした刺激を感じるようになり使えなくなってしまいます。

このような症状は敏感肌で見られる症状とも似ているので中には敏感肌になってしまったと勘違いする人も多いでしょう。しかしゆらぎ肌はあくまでも環境変化による一時的なトラブルです。

ただしゆらぎ肌と思っていてもいつまでも症状が落ち着かないようであれば、そのまま敏感肌になっている可能性もあります。

昼夜の寒暖差や空気の乾燥がゆらぎ肌の原因に!

ゆらぎ肌の大きな原因となっているのが、季節の変わり目特有の昼夜の寒暖差や空気の乾燥です。冬から春にかけてはぐっと暖かくなり、また夏から秋にかけてはぐっと寒さを感じるようになります。

このように昼夜の気温差が激しい季節の変わり目は、知らず知らずのうちに体力を消耗しています。季節の変わり目に体調を崩しやすいのはそのためです。身体の不調は肌のバリア機能を低下としても現れます。少しの刺激にも敏感に反応するようになります。

また春や秋には空気も乾燥しやすいですから、肌もカサつきやすくトラブルも増えてしまいます。

紫外線量の急激な増加も原因に!

春になると一気に紫外線の量が増えるので、これもゆらぎ肌の原因となっています。3月くらいはまだ紫外線の量もそれほどではありませんが、4月から5月にかけては急激に紫外線がたくさん降り注ぐようになります。

新緑の季節でポカポカ陽気の気持ちのよい4月から5月ですが、急激な変化から乾燥などの肌トラブルも多発します。シミやたるみの要因となる紫外線A派は、夏よりも春の方が多いと言われていますから決して油断できません。

環境の急激な変化によるストレスも原因に!

精神的なストレスもゆらぎ肌の原因となります。
春というのは就職や引越しなどで、環境ががらりと変わる人も多いでしょう。慣れない環境で過ごすのは精神的にも大きなストレスとなります。過度のストレスは自律神経やホルモンバランスを乱すので肌の状態も不安定になりやすいです。

新しい環境では誰でも緊張して気が張っているものです。その緊張すら自分では気がつかないこともありますが、心や身体、さらに肌の不調して現れてきます。

大気汚染や花粉も原因に!

春や秋の季節の変わり目は花粉の季節でもあります。黄砂やPM2.5といった大気汚染の問題も春には深刻になります。

大気中に舞っているさまざまな有害物質や花粉は、肌には大きな刺激となります。そこに精神的なストレスや疲労も加われば免疫力も急激に低下して、花粉症などのアレルギーも引き起こしやすいでしょう。湿疹や炎症なども起こしやすいので注意が必要です。

バリア機能を回復させるためにスキンケアを見直して!

季節の変わり目には、さまざまな変化が起こる時期なので肌への負担も大きくなります。

これらの刺激でバリア機能が低下して肌トラブルも起こりやすくなりますから、この時期には特にスキンケアに注意しましょう。

毎日の洗顔やクレンジングはバリア機能を少なからず低下させるものなので、肌への負担の少ない低刺激の洗顔料やクレンジングを使いましょう。ゆらぎ肌になったらメイクも控えめにして、クレンジングによる負担を軽くしましょう。

保湿ケアはバリア機能を回復させるために欠かせません。洗顔後には素早くたっぷりと化粧水をつけましょう。重ねづけをすればより効果的です。その後は、化粧水によって補給したうるおいを閉じ込めるために乳液やクリームもつけましょう。

外出時には紫外線対策や大気汚染対策を!

外出時には、紫外線対策や大気汚染対策も行えばゆらぎ肌も回避できるでしょう。ポカポカ陽気でついついそのまま日傘もささず帽子もかぶらず出かけてしまいますが、それでは大量の紫外線を肌いっぱいに浴びることになります。

外に出掛ける時には面倒でも日傘や帽子があれば安心です。紫外線による肌負担を大幅に軽減できます。メイク前にはUVクリームも塗るようにすれば紫外線対策はばっちりです。

また花粉やPM2.5の数値が高い日には念のためにマスク着用で出かけると安心です。特に赤みやかゆみがあるようなら外出時には必ずマスクで肌を覆って大気汚染による刺激から守りましょう。

良質な睡眠やバランスの良い食事も心がけて!

良質な睡眠やバランスの良い食事も美肌の基本です。

季節の変わり目には、知らず知らずのうちに身体にも心にも疲れが溜まっています。しかし、夜しっかりと熟睡できればその疲れもすぐに解消できます。ゆらぎ肌の予防、改善にもつながります。

食事では、肌を作る元となる良質なたんぱく質やビタミンをたっぷり摂りましょう。特に美肌に役立つのが抗酸化作用の高いビタミンCやビタミンE、さらに皮膚や粘膜を丈夫にしてくれるビタミンAです。皮膚のビタミンとも呼ばれるビタミンB群も欠かせません。

ビタミンCは果物や緑黄色野菜に、ビタミンEはナッツ類に、ビタミンAはウナギやレバーに、ビタミンB群は胚芽米や豚肉などに多く入っています。もちろんこれ以外にも豊富にこれらのビタミンが含まれています。野菜や果物、お肉や魚もバランスよく食べることが大切です。

体調が崩れやすい季節の変わり目は、ゆらぎ肌にも要注意です。突然起こる肌トラブルに驚きますがこれは一時的なもので、正しいスキンケアなどを心がけて改善されていくでしょう。

関連記事

  1. ほうれい線はどうしたら薄くなるの?改善のポイントとは

  2. 毛穴の黒ずみを徹底的に綺麗にするための知識をご紹介

  3. 便秘はなぜ発生するの?女性の大敵の特徴と改善方法.

  4. 毛じらみの原因と気になる症状・効果的な対処のポイント

  5. 白斑とは何?気になる皮膚病の原因と症状・治療法について

  6. 肌のくすみどうしたら?化粧のノリが悪くなる症状の原因と対策

おすすめ記事

  1. リバイタルグラナスの化粧水・美容液が人気な理由とは?
  2. リバイタルグラナスの精密ケアについての良い点は?
  3. リバイタルグラナスの透光ケアについての良い点は?
  4. リバイタルグラナスの化粧水ローションで知っておく事
  5. リバイタルグラナスにはどんな成分が入っているのか?

記事を書いている人


美容大好き女子のアラサー女子が、今人気のコスメを自腹を切ってレビュー!

趣味は海外旅行とコスメ選びです。
皆様のお役に立てるといいな--

リバイタルグラナスを詳しく!

  1. 年齢を重ねるごとに肌の悩みが増えていきますが、肌のたるみもその一つです。シミやそばかすなどとは違い、…
  2. 若い頃には透き通るような透明肌が自慢だった人でも、年齢とともに肌のくすみを実感するようになります。肌…
  3. 口元にかゆみや湿疹、水ぶくれなどの症状が現れたら口唇ヘルペスに感染しているかも知れません。口唇ヘルペ…
  4. 常在菌であるカンジタ菌によって発症するのがカンジタで、性器や口腔内、皮膚などに感染します。中でも多い…
  5. 性感染症の一つである毛じらみは、コンドームでは予防できないと言われています。気になる症状があっても、…
  6. 週に1回か2回くらいした排便がないという女性も多いのではないでしょうか。便秘で悩まされている女性が多…

ピックアップ記事

  1. ニキビや吹き出物によく似た肌トラブルに毛嚢炎(もうのうえん)という皮膚の病気があります。ニキ…
  2. あらゆる肌トラブルの原因となるのが乾燥肌です。空気が乾燥する秋や冬になれば肌も乾燥しやすくな…
  3. 週に1回か2回くらいした排便がないという女性も多いのではないでしょうか。便秘で悩まされている女性が多…
  4. 若い頃には透き通るような透明肌が自慢だった人でも、年齢とともに肌のくすみを実感するようになります。肌…
  5. 思春期の頃に悩まされる人が多いニキビですが、大人になってからもまた少し違うタイプのニキビに悩まされま…
ページ上部へ戻る