美的体験~資生堂リバイタル グラナスが使用感が想像以上にすごい~

リバイタルグラナスをあまり使わない方が良い人はいるのか?

リバイタルグラナスは、エイジングケア商品として高い知名度を誇っています。

しかし、スキンケア商品だけではなくリキッドファンデーションなどの商品も展開しています。リバイタルグラナスを使った方がいいという意見はよく聞きますが、その逆はどうなのでしょう。

リキッドファンデーションはカバー力が薄め?

スキンケア商品は抜群の評価を得ていますが、ファンデーションなどはどうなのでしょうか。

リキッドファンデーションは少量でもとても伸びる性質を持っています。軽いつけ心地を味わえますので、肌への負担も最低限で済みます。ナチュラルな仕上がりを望む人には最適と言えますが、薄付きのためカバー力が低いという欠点があります。

他のリキッドファンデーションなら隠せる赤みなども、リバイタルグラナスの物では隠せない場合もあるので注意しましょう。ただ、欠点と言うには大げさかもしれません。

肌色補正力が低い?

大抵のファンデーションは肌色補正がされるのですが、リバイタルグラナスはあまりありません。むしろナチュラルさに重きを置いた仕上がりになるので、透明感も考えているほどは出ません。

ですが、つけ心地は最高と言っても過言ではないほどでメイク崩れなどはほとんど起こりません。そのせいもあってナチュラル度が高くなるのでしょう。

リバイタルグラナスは肌の健康と美しさを引き出すことをモットーとしています。ファンデーションの肌色補正などの効果を低めにして、肌への負担を軽減しているのかもしれません。

ある意味、このリバイタルグラナスのファンデーションは優秀です。肌に負担をかけず、メイク崩れもないまま1日を過ごせるのですから、理想のファンデーションとも言えます。

継続が出来ない人は不向きかも?

スキンケア商品は継続して効果を得られるものです。ですが、少々金額が高いという点があります。高いとは言っても、効果を考えれば決して損をするものではありません。使用者の中には少々高いけれどリピートし続けている、と答えている人もいます。

特に乾燥肌の人がリバイタルグラナスを使っている人が多く、美容液を使い続けていたら乾燥がなくなってもっちりとした肌になったという意見もあります。

金額が高くなってしまう理由として、リバイタルグラナスに含まれている成分が他のスキンケア商品とは異なるからです。会社独自の研究方法で開発された美容豆エキスが配合された商品は継続して使うことで、高い効果を感じられるようです。

結論から言うと、あまり使わない方がいい人というのはいないと考えて問題ないでしょう。

ただファンデーションのカバー力や肌色補正が強くないと嫌、という人には合わないかもしれませんが、それらが強いということは肌への負担も大きくなるということです。肌に大きく負担をかければ、トラブルの原因にもなりかねません。

20代前半ではどうもなかったことも、後半になると変わってきます。年齢に合わせた化粧品を使うように心がけましょう。

関連記事

  1. リバイタルグラナスの化粧水ローションで知っておく事

  2. 小鼻ケアにリバイタルグラナスを使ってみよう!

  3. リバイタルグラナスを製造・販売している資生堂

  4. リバイタルグラナスにはどんな成分が入っているのか?

  5. おでこケアにもリバイタルグラナスは良いのか?

  6. リバイタルグラナスのファンデーション関係はどうなの?

おすすめ記事

  1. リバイタルグラナスの化粧水・美容液が人気な理由とは?
  2. リバイタルグラナスの精密ケアについての良い点は?
  3. リバイタルグラナスの透光ケアについての良い点は?
  4. リバイタルグラナスの化粧水ローションで知っておく事
  5. リバイタルグラナスにはどんな成分が入っているのか?

記事を書いている人


美容大好き女子のアラサー女子が、今人気のコスメを自腹を切ってレビュー!

趣味は海外旅行とコスメ選びです。
皆様のお役に立てるといいな--

リバイタルグラナスを詳しく!

  1. 年齢を重ねるごとに肌の悩みが増えていきますが、肌のたるみもその一つです。シミやそばかすなどとは違い、…
  2. 若い頃には透き通るような透明肌が自慢だった人でも、年齢とともに肌のくすみを実感するようになります。肌…
  3. 口元にかゆみや湿疹、水ぶくれなどの症状が現れたら口唇ヘルペスに感染しているかも知れません。口唇ヘルペ…
  4. 常在菌であるカンジタ菌によって発症するのがカンジタで、性器や口腔内、皮膚などに感染します。中でも多い…
  5. 性感染症の一つである毛じらみは、コンドームでは予防できないと言われています。気になる症状があっても、…
  6. 週に1回か2回くらいした排便がないという女性も多いのではないでしょうか。便秘で悩まされている女性が多…

ピックアップ記事

  1. 週に1回か2回くらいした排便がないという女性も多いのではないでしょうか。便秘で悩まされている女性が多…
  2. 市販の化粧品を使うと皮膚がピリピリしたり赤くなったりと、敏感肌に悩まされる人が増えているようです。…
  3. ニキビに似た肌トラブルに粉瘤(ふんりゅう)があります。皮膚にニキビみたいなぶつぶつが出来たけ…
  4. 老けて見られたり疲れた印象を与える目の下のくまは、特に女性にとって大きな悩みとなります。メイ…
  5. 肌がべたつく脂性肌は、乾燥肌や混合肌、普通肌の人よりも肌トラブルで悩むことが多いようです。脂…
ページ上部へ戻る